逆子治療 2020年 春の陣

逆子・妊婦

徐々に春らしくなり不安定な気候が続いているせいか、この時期になると逆子の患者さんが急増します。当院では逆子のシーズン(?)になると、一日で来院される患者さんの大半が妊婦さんになってしまうほどで、稀に普通の肩こりや男性の患者さんが来院されると妙にテンションが上ってしまう今日このごろです。では早速、今シーズンの進捗状況を報告します。

2020年に入ってから逆子の改善率はほぼ100%です。一件だけ患者さん都合により治療を中断したケースがございますが、それ以外は全てパーフェクトとなっています。以前にも書きましたが、これは私の腕が上達したのではなく、比較的早い段階で患者さんが来院されているためだと思われます。

当院が行う秘伝の逆子灸はスピードが命なので、1日でも早い来院が重要なポイントとなります。婦人科で、「貴女逆子よ!」と言われたら、即ご連絡頂きたいものです。

なぜ1日でも早い来院が重要かと言うと、時間経過と共に赤ちゃんが大きくなってしまい、物理的に子宮の空きスペースがなくなってしまうからです。赤ちゃんが回るスペースが無ければ、どうやっても回すことは不可能です。お腹の中の赤ちゃんは我々が思っている以上に成長が早く、たった1日遅かっただけで治らなかったと思われるケースも多々ございます。

また、逆子と診断されてから時間が経過してしまうと母体や赤ちゃんが逆子ポジションに最適化されてしまうため、正常位置に戻りにくくなってしまいます。こうなってしまうと、当院の逆子のお灸でも中々改善は難しいと言えるでしょう。

当院では逆子QA等、逆子に関する情報を沢山公開しています。QAに載っていない質問は個別にお問い合わせ頂ければ、大体のことは直ぐに回答できるかと思います。逆子でお悩みの方は、遠慮なくお問い合わせ下さい。

帝王切開のリスクとQA
当院では帝王切開を免れるために逆子治療を希望される患者さんが多く、逆子灸の施術中に帝王切開に関する色々な質問を受けます。帝王切開の安全性、費用、入院日数、切開の方法等、気になるアレコレを産科のドクターから聞いてきましたので、分かりやすく質問...

人形町治療院、秘伝の逆子灸三原則

一.早めに来院
二.自宅でお灸
三.考えすぎない

人形町治療院の逆子専用コーナー

タイトルとURLをコピーしました