乳腺炎、乳口炎にも糾励根

5
くま
くま

自宅で出来る、乳腺炎(乳口炎)のケアを教えてください!

どういう訳か、近年当院では乳腺炎やそれに類似した症状(しかも重症)で来院される患者さんが多く、それに伴い自宅ケアについての相談を頻繁に受けます。乳腺炎は悪化すると発熱や激しい痛みを伴うケースが多く、予防や治療という概念から当院でのケアの他に、自宅ケアが非常に重要と言えます。

前回は飲み薬を紹介しましたが今回は筋肉痛、神経痛、捻挫、リウマチ、風邪等、様々な疾患に効くと紹介した万能貼り薬の糾励根(キュウレイコン)を使った乳腺炎のケアについて伝授します。なお、糾励根を貼り付ける前にマッサージやお灸を行い、ある程度搾っておいてから使用したほうがより効果的です。

飲み薬編↓

乳腺炎、乳口炎には漢方薬の活用を!
何度も記事にしているように当院は逆子治療の患者さんが多いのですが、この数年は乳腺炎(乳口炎)の治療で来院される患者さんも結構な数に上っております。 乳腺炎の治療や予防には当院のような専門家が行う鍼灸マッサージがとても有効なのですが、こ...

 

乳腺炎治療用糾励根の作り方

  • MかLサイズの専用シート数枚、蓋付きのタッパー、マスクを用意する。※1
  • 糾励根1に対して、小麦粉4~5をタッパーに入れる。※2
  • 水を加えて糾励根と小麦粉をペースト状になるまでよ~くかき混ぜる。
  • シートに貼付し、腹部、背部、胸部付近にに貼り付ける。※3
  • 必要であれば葛根湯や香蘇散を服用し、ぐっすり眠る。
※1
糾励根の粉末は非常に細かいため、吸い込むとクシャミが出る可能性があります気にならない方は着用しなくても構いません。
※2
糾励根に小麦粉を混ぜると糾励根独特の熱感刺激が緩和されます。
また、色が薄くなるので衣服や肌への色移りを防ぎます。
肌が弱い方は更に小麦粉を増やすと良いので、ご自身にあった割合を調合して下さい。
※3
貼る場所は糾励根の添付文書に図付きで書かれています。風邪やインフルエンザで使用する場合も、基本的に同じ作り方、同じ部位で大丈夫です。

 

注意事項

  • 熱感(ピリピリ感)が強い場合は小麦粉の量を増やす。
  • 作りおきはしない。
  • 入浴2時間前までには剥がす。(剥がした直後にお湯に入るとピリピリするため。)
  • 干からびた糾励根に再度水を加えても効能は戻らないので廃棄する。

糾励根を患部に貼り付けると最初は冷感を感じますが、30分程度で体がポカポカ温まってきます。
もし、熱感が強いと感じたら糾励根が濃すぎるので、もう少し小麦粉の量を増やしたほうが良いでしょう。刺激が強すぎると、かえって目が冴えて眠れなくなってしまいますので、物足りない程度の薄めに作る事がポイントです。

なお、糾励根は作り置きをせずに、その都度作るようにして下さい。
作り置きした糾励根を使っても体に害はございませんが、生薬の色素が体に沈着する可能性がございます。また、一度乾燥した糾励根に水を加えてもは再利用は出来ませんので、処分しましょう。

乳腺炎、風邪に使用する糾励根
小麦粉を加えた糾励根。↑
玉が無くなるまで、よ~くかき混ぜます。柔らかめのとろろ芋と言うような具合でしょうか?
写真だと黒く見えますが、実物は結構白いです。

 

購入方法

糾励根と専用シートは、人形町治療院の併設薬店、漢方薬店しんあい堂で販売しております。必要な方はご連絡下さい。

埼玉県鴻巣市 漢方薬店しんあい堂
東洋医学の専門家が経営している漢方薬店です。通常の薬局、ドラッグストアでは扱っていない漢方薬やサプリメント、懐かしい富山の薬を販売しております。併設の人形町治療院では、YNSAを中心とした鍼灸マッサージ、整体を行っております。

 

人形町治療院の婦人科疾患コーナー

婦人科疾患
マタニティケア、PMS(月経前症候群)、生理痛、生理不順、更年期障害、乳腺炎、産後うつ、腱鞘炎等の痛みに対応しております。逆子治療と同様に長年受け継がれている技術と、お灸やマッサージ等を組み合わせ、積極的に改善や予防を行っています。
男性・女性のお悩み
ED(勃起不全)、前立腺肥大、生理痛、乳腺炎、つわり、子宮筋腫、妊娠中の諸症状等の治療例。不妊治療のコーナーもこちら。

 

寝違え、急な首肩の痛みへの対処法
突然襲ってくる寝違えや首肩の急な痛み。 今回は、これらのつらい痛みに有効な漢方薬や湿布、鍼灸治療(マッサージ)を紹介致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました