逆子治療 2019年 秋の陣(1)

婦人科疾患

毎度おなじみ、逆子ニュースの時間です。 😎
当院は逆子で悩んでいる患者さんの来院数が異常に多く、季節ごとに似たような記事を書いているので、少々ネタ切れ気味でございますが、知識を絞り出して今期の人形町治療院における逆子情報をお伝え致します。前回の記事はコチラをご覧下さい。

逆子治療 2019年 夏の陣(1)
春の逆子シーズンが終わり、暫くは逆子の患者さんを診ていなかったのですが、気温の上昇と共に急激に増え始めました。7月の3週目に入り、やっと一段落ついたので現状を報告したいと思います。なお、患者さんの個人情報に触れる話題は一切取り上げませんので...

今年の逆子治療の結果は素晴らしく、8月下旬までは改善率100%を保っていたものの、こんな奇跡的な状態がいつまでも続くわけがなく、結局は8割に落ち着きました。当然のことながら、患者さんは100%の改善率を求めて来院されるのですが、私の力不足もあり、中々100%という訳には行きません。今後も研究を重ねて参りますので、どうか末永くお付き合いください。 🙂

さて、9月下旬になり、秋の逆子シーズンが始まりました。
現時点での改善率は年間で計算すると9割以上となります。夏のシーズンは初産かつ、お灸が初めての方が多かったのですが、今秋は半数以上が経産婦で、以前に当院で逆子治療を経験した事のある患者さんばかりでございます。そのため、当院の施術に慣れており、30週以内という理想的な段階で来院してくれるので、改善率が頗る良いです。当ブログを定期的にご覧になっている方は重々承知していると思いますが、逆子治療はスピードが命ですので、1日も早い来院をお待ちしております。

ブログへの掲載許可を得ているので話題に上げますが、
「逆子で初来院→産後の腰痛で来院→疲労回復で来院→乳腺炎で来院→日々のメンテナンスで来院→2人目が逆子でまた来院」
という、人形町治療スパイラルを繰り返している患者さんも複数人いらっしゃいます。こうなると数年来のお付き合いとなっているので、勝手知ったるなんとやらでございます。これだけ頼って頂けるとは、治療家冥利に尽きると言うものですね。

ここからは余談です。
昨年終了した私が講師を務める逆子の勉強会ですが、某Yさんの強い希望により今年中に新章(?)として新たに実施する運びとなりました。モデルの妊婦さんを2人以上集めてくれるそうなので、気合を入れて準備致します! なお、残念ながら受講者の一般募集は致しませんが、関係者には後日メールで詳細をお伝え致します。

パート2の記事↓

逆子治療 2019年 秋の陣(2)
12月に入り、9月下旬から続いていた秋の逆子シーズンがやっと終了しました。今シーズンを終えての感想ですが、「超多かった!」の一言に尽きます。もう少し詳細をお話しましょう。 パート1の記事はこちら↓

人形町治療院、秘伝の逆子灸三原則

一.早めに来院
二.自宅でお灸
三.考えすぎない

人形町治療院の逆子専用コーナー

 

タイトルとURLをコピーしました