70~74歳の自己負担が2割に

治療

ついに、2013年度から70~74歳の医療費の自己負担金額が1割から2割に引き上げられるそうです。
ハイテク医療機器、高価な薬品により増え続ける医療費は、一体何処まで膨れ上がるのでしょうか?
以下、Yahooより転載します。

 厚生労働省は25日、後期高齢者医療制度に代わり、13年度の導入を目指す新たな高齢者医療制度改革案の概要をまとめた。現在、70~74歳が窓口で払う医療費の自己負担割合は暫定的に1割に抑えられているが、13年度以降、現行制度の原則を踏襲し、5年かけて順次2割に引き上げる。給与の高い大企業などの健康保険組合(健保組合)の支援額を25年度時点で10年度比1兆4500億円増の7兆2000億円とするほか、税金の投入割合(現行47%)を50%に高めて高齢者の保険料の伸び率を現役世代並みに抑えるものの、勤め人の負担は今よりアップする。

治療
スポンサーリンク
シェアする
人形町治療院をフォローする
blank
埼玉県鴻巣市 人形町治療院 東洋医学ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました