[デマ情報]双黄連内服液が新型肺炎に効く?

治療

連日猛威を奮っている新型コロナウイルスによる肺炎ですが、中国のSNSで「漢方薬の”双黄連”が新型肺炎に効く。」というデマが流れているようです。日本では聞き慣れない双黄連とは一体どの様な漢方薬なのでしょうか? 埼玉県鴻巣市人形治療院漢方薬店しんあい堂の店長で漢方薬の専門家である私が簡単に解説致します。

正式名称は”双黄連口服液”です。決して肺炎に効くような特殊なものではなく、中国ではメジャーな市販薬のひとつで、単なる風邪薬として中国全土のドラッグストアで広く販売されています。実際に私も上海に短期留学していた時に何回か目にしたような気がします。

双黄連内服液の効果効能は、日本でいうところの葛根湯内服液に該当するポジションです。構成生薬は、金銀花、黄芩、連翹の3種類で漢方薬としては単純な部類に入ります。ちなみに、葛根湯は7種類の生薬から構成されています。

中医学的にみると双黄連は葛根湯や銀翹散と同様に清熱解毒作用があり、風邪の初期症状に大変有効な処方だと言えますが、飲んだからと言って直ぐに新型肺炎を予防治療できるものではございませんので、この様なデマには決して惑わされない様にしてください。一応、中国のネットストアから購入できますが、わざわざ個人輸入してまで購入する必要は全くございません。新型肺炎の対策には手洗いうがいを徹底したほうが効果的でしょう。

新型コロナウイルスは、2020年2月4日時点で先進国では1人も死者が出ておらず、感染力も然程強いとは言えません。患者数が多いため中長期化し先進国でも死者が出る可能性も十分に考えられますが、現時点ではアルコールで無力化出来る弱毒性ウイルスと言っても差し支えはないと思います。

一般的な日本人が感染のリスクを下げるには、発生源の中国や衛生環境が悪い新興国への渡航を控える事です。幸いにも我々が住んでいる日本は世界屈指の衛生大国なので、日本国内に居る限り過度に神経質にならずこまめな水分補給と手洗いうがいを徹底していれば、いずれピークが過ぎてほとぼりも冷めるでしょう。

双黄連内服液

双黄連内服液のパッケージ。公式サイトから転載。

3月の中国研修は中止
中国で流行っているコロナウイルス新型肺炎の影響により、3月に行われる予定だった中国研修が中止となりました。自衛のためとは言え、昨年の5月に行った上海研修が良かっただけに無念でございます。 この新型肺炎は日本でも指定感染症になったばかり...
新型コロナウイルスで消毒用エタノール不足
世界各国で猛威を奮っている新型コロナウイルスの影響により、2月以降に予定されていた鍼灸マッサージ関連の勉強会が延期や中止に追い込まれています。私が楽しみにしていた中国研修や最先端の再生医療を取り扱っている病院見学も中止になってしまったので、...
タイトルとURLをコピーしました