逆子治療の回数について

当院秘伝の“逆子のお灸”に関する問い合わせで、

「必ず週2回、お灸をしないと逆子が治らない(効果がない)のですか?」

という質問を多く受けます。

はっきりお答えしますと、治療頻度を週1回以下に減らした場合、2回のときと比べると明らかに改善率が低下します。特に30週以降の場合は半分程度となってしまいます。回数を減らしても全く効果がないという訳ではないので、週1回の治療でも行わないよりかは明らかに良いのですが、当院としては余程の理由がない限り、週2回の治療を推奨しております。どうしても週2回来院できない方は、自宅灸を毎日行って下さい。

また、鴻巣市周辺(上尾、桶川、北本、行田、熊谷、吉見周辺)であれば、出張による逆子治療も行っておりますので、こちらの制度も有効的にお使い下さい。

※出張治療は該当エリア内でもお受け出来ない場合がございますので、ご了承願います。

人形町治療院、秘伝の逆子灸三原則

一.早めに来院
二.自宅でお灸
三.考えすぎない

人形町治療院の逆子専用コーナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました