次亜塩素酸水専用 超音波噴霧器を導入

治療

人形町治療院(漢方薬店しんあい堂)の室内環境を整えるために、次亜塩素酸水を噴霧できる超音波噴霧器を導入いたしました。当店で扱ってる次亜塩素酸噴霧器は健康被害を引き起こす様な粗悪品ではなく、安心安全なプーキープロケアの次亜塩素酸水でございます。(プーキープロケア次亜塩素酸水については何度も取り上げているので、別途コーナーをご覧下さい。)

blank
プーキープロケア 次亜塩素酸水 取扱開始
新型コロナウイルスの影響により消毒液の需要が急増しています。最もメジャーな消毒液の一つであるエタノールは即売り切れ状態となり、知る人ぞ知るマニアックな消毒液の次亜塩素酸水まで品薄状態になっています。 最近になって頻繁に耳にするようにな...

当院で扱っている次亜塩素酸水は、プーキープロケアという特殊な次亜塩素酸水でございます。今まではスプレータイプを使用及び販売していましたが、今回は部屋全体のウイルスや花粉の除去、脱臭を効率よく行うため、プーキープロケア専用の超音波噴霧器を導入した次第です。

次亜塩素酸水は医療のや介護の現場で導入実績があり、安心安全な液体でございます。この機械で100%防ぐことは到底出来ませんが、当院では様々な対策を施しておりますので、安心してご来院下さい。

blank
↑ プーキープロケア次亜塩素酸水専用の噴霧器。スタイリッシュでカッコいいです。


↑ パナソニックが販売している「ジアイーノ」。かなり高いですね。

何度も書いていますが、「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」は別物です。誤って次亜塩素酸ナトリウムを使用すると重大な健康被害を引き起こします。また、通常の加湿器に次亜塩素酸水を入れると金属の腐食やタンクの損傷を招くので、必ず専用の機械に入れて噴霧して下さい。
コロナ商法に便乗するような粗悪品も多いので、購入や使用にはくれぐれもご注意下さい。

【NITEの公表にともなう弊社の考えについて】
この度のNITE(製品評価技術基盤機構)の「中間結果」の公表とその報道のされ方により、皆様には、有効性と安全性に関して大変な誤解とご不安を与え、大きな混乱を生じておりますことを非常に心苦しく思っております。

弊社の『プーキープロケア』は、効果と安全性に関する試験を第三者試験機関に依頼し、その検証結果を、自らの製品についての確認のための内部資料として保持しております。

効果(有効性)の面では、すべての次亜塩素酸製品※について「有効性がないという結論が出た」と受け取られるような報道がされましたことは非常に残念です。

一方、安全性に関しましては、NITEは「安全性を評価する科学的な方法が確立されていない」としていますが、確かに現状では、次亜塩素酸製品メーカー各社の製品について、消費者様が個々の製品の安全性を確認することは非常に困難です。

今急がれるべきは、安全性に関する一定の基準(次亜塩素酸製品の規格と言っても良いと思います)を定めて、その基準に適合しているかどうかで製品の安全性を判断することができる体制作りだと考えます。

それが無い限り、次亜塩素酸製品の製造・販売会社にとりましては、安全性に関するエヴィデンスをホームページなどで開示する以外に、製品の安全性を証明することができませんし、それよりも何よりも、消費者様がご自身で製品の安全性を確認する手段がないまま製品をご購入しなければならない状況は大問題です。

これを機に、今まで製品の規格や使用方法に定めが設けられていなかった次亜塩素酸製品に、何らかの基準が設けられることになるかもしれません。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ上におきましても、その他のウイルスや細菌に対する衛生管理強化の手段としましても有望であるはずの次亜塩素酸製品の安全で効果的な利用について、一刻も早く一定の基準が設けられることが求められます。

また、商品に記載されるべき事柄(製造方法、pHの値、遊離塩素濃度、消費期限、使用上の注意 等の記載)の指針が出され、弊社を含め、メーカー各社がその指針に従った表示を正確にすることで、消費者様が安心してご使用頂けるようになれば何よりだと考えます。 弊社としましては、その商品表示の指針に従い、より良い製品作りとその提供に最大限の努力をしてまいる所存です。

※ここでは、電気分解法・混和法といった製造方法の違いや、pH、遊離塩素濃度の異なる  次亜塩素酸水または次亜塩素酸溶液など、次亜塩素酸を主成分とする製品全体を指しています。

プーキートレーディング株式会社
ケア事業部

blank
弱酸性次亜塩素酸水溶液「プーキープロケア」/公式サイト
弱酸性次亜塩素酸水溶液「プーキープロケア」。空間除菌が可能で安全性も高く、ウイルス、細菌、花粉・ダニなどのアレル物質、ニオイを素早く軽減。

 

タイトルとURLをコピーしました