人は死んだらどうなるのか 死を学べば生き方が変わる

5
人は死んだらどうなるのか: YNSA 山元式新頭針療法

YNSA学会の副会長である加藤直哉先生の超力作、「人は死んだらどうなるのか 死を学べば生き方が変わる」が三和書籍から発売されました。人によっては少々怖い題名に思える書籍ですが、果たしてどの様な内容なのでしょうか?

2019年10月に開催されたYNSA学会全国大会の特別講演にて、本書の内容をひと足早く少しだけ教えて頂いたのですが、決して怖い内容ではございません。オカルトチックな内容でもなく、「死生学」と言う科学、研究に基づいた文字通り「生き死に」のお話でございます。

本来であれば詳しいレビューをしたいところなのですが、内容が良すぎるので私からのレビューは控えさせて頂きます。ひとつだけ言えることは、本書を読むことにより、きっと生死に対する考え方が良い意味で変わることでしょう。

職業や経歴、老若男女問わず読んで頂きたい書籍でございます。
amazonからは電子書籍版も発売されていますので、今すぐに目を通すことも可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人は死んだらどうなるのか 死を学べば生き方が変わる [ 加藤 直哉 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2019/10/29時点)

楽天で購入

 

 

楽天からも買えます。

 

内容紹介
宗教は、宗派が異なれば、死後の世界は全く異なります。宗教をもとに死後の世界を語れば、そこには必ず争いが生まれます。では、どうすればよいのか。本書では死後世界をできるだけ科学的に研究し、できるだけ多くの人に納得してもらえるように死の研究において「科学性」と「客観性」を最重要視しています。その視点において、選択した死生学研究が「臨死体験研究」「過去生療法研究」「生まれる前の記憶を持つ子供たち研究」という3つの研究です。
死生学研究は、「死」と「生」の両方の答えを与えてくれます。本書を通じて、その答えをお伝えしたいと思います。

著者について
2000年 琉球大学医学部卒業
2006年 日本小児科学会専門医
2006年 日本東洋医学会漢方専門医(久留米大学名誉教授無敵剛介医師に師事)
2006年~2009年 山元病院にて山元式新頭鍼療法(以下YNSA)を創始者である山元敏勝医師から学ぶ
2009年より健康増進クリニック勤務
2013年YNSA学会副会長就任
所属団体・学会
山元式新頭鍼療法学会(副会長) 日本東洋医学会(漢方専門医)
日本小児科学会(専門医) 米国催眠士協会(認定セラピスト)
ケアワークモデル研究会
学位
Ph.D in Social Sciences(Azteca University)
Ph.D in Social Sciences(Nicaragua University)
Ph.D in Philosophy(I.O.U)

人は死んだらどうなるのか:
待合室にも置いてありますので、お手に取ってご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました