ALS、白血病の薬で治験開始

難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)に対し、慢性骨髄性白血病の治療薬である「ボスチニブ」を使用した治験が開始されます。iPS細胞を使った治験は国内で4例目だそうです。

私は往診も行っているので、自力で来院出来ない比較的重症となってしまったALSやパーキンソン病の患者さんを診る機会が多く、今回の治験にはかなり期待しています。ご存知かも知れませんが、ALSやパーキンソン病の様な難病は現代医療では完治不可能とされていて、特にALSの場合は進行が早く、YNSA(山元式新頭鍼療法)や漢方薬等の伝統医療を施しても、症状の緩和や進行を多少遅らせる事しか出来ません。

ボスチニブは、慢性骨髄性白血病の治療薬として既に認可されているため、今回の治験が成功した場合、早い段階でALSの患者さんに投与できる事が期待されています。脊髄損傷やパーキンソン病の治験が先日行われましたが、ALSの患者さんにも、ついに希望の光が差し込んできました。

治験に参加された患者さんには、少しでも良い結果が得られるよう、心の底から応援しております。

難病ALS、白血病薬での治験開始へ 京大など
京都大iPS細胞研究所の井上治久教授らの研究チームは26日、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」について、慢性骨髄性白血病の治療薬…
タイトルとURLをコピーしました