慢性疼痛に対する頭鍼療法

blank YNSA 山元式新頭針療法

2020年1月26日(日)に埼玉医科大学かわごえクリニックで、埼玉県鍼灸師会主催のセミナー「慢性疼痛に対する頭鍼療法」が開催されました。当院でも積極的に取り入れているYNSA(山元式新頭鍼療法)の創設者である、山元敏勝先生によるYNSAの講義(実技)も行われました。

先日の記事でお伝えしたとおり、山元敏勝先生が関東地方で講演されるのは今回が最後(予定)と言う事で、会場内は凄まじい熱気に包まれていました。私は午後からの参加だったのですが、午前中にも山元敏勝先生によるYNSAセミナーがあったので、午前午後とぶっ通しで参加されている方も多く、定員を超える鍼灸師や医師が集まっていました。養成学校時代の同級生を連れて行ったのですが、会場の雰囲気に飲まれていたようです。 😛

今回の講師は山元敏勝先生、高橋秀則先生、皆川陽一先生の3名で、それぞれ頭鍼療法を中心としたお題で講義をされました。トップバッターは山元先生で、てっきり私は面白い話が聞ける講演だと思いこんでいたのですが、実のところは患者さんを実際に治療する実演だったのは驚きです。山元先生の手技は過去に何度も見たり受けたりしていますが、相変わらずの素晴らしい手さばきで感動致しました。これは早速当院の治療に活かせそうな予感がします。他のお二方の講義(実演ではなく講義です。)も大変素晴らしく、自分の知識がより一層深まりました。

何度も書いているように、山元先生が関東地方においでになられるのは今回が最後となる予定なので、本当に貴重な経験を積むことが出来ました。これからも山元先生の弟子だと大手を振って言えるよう研鑽を積んでまいります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2週連続でYNSAのセミナー。山元先生と3ヶ月ぶりにお会い出来ました。 #ynsa #鍼灸 #頭皮鍼 #川越

人形町治療院 鍼灸,マッサージ,整体(@ynsa_kanpo)がシェアした投稿 –

タイトルとURLをコピーしました