偉人たちの健康診断 徳川綱吉 犬公方は怒りん坊!?

NHKの人気番組シリーズ『偉人たちの健康診断』で、鍼灸ネタが放送されます。
番組のタイトルは、『偉人たちの健康診断 徳川綱吉 犬公方は怒りん坊!?』です。
先日紹介した、『東洋医学 ホントのチカラ〜科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ〜』に引き続き、2回連続でNHKの番組案内の記事を書くことになるとは思いませんでした。今、NHKでは鍼灸や東洋医学がキテいるのでしょうか?

徳川綱吉といえば、別名犬公方とも言われ、良くも悪くも知名度が高い将軍と言えるでしょう。
綱吉は長年、関節痛や頭痛で悩まされており、その治療を鍼灸で行ったのが我らが大先輩、杉山和一先生でございます。杉山和一先生は、現代の鍼療法で主流となっている管鍼法という切皮痛を和らげる手法を編み出した偉大な方でございます。綱吉はその治療に大変満足し、江戸の一等地に約1900坪の土地を与えたと記録されています。

杉山和一先生や管鍼法について書くとキリがないので、この辺りで筆を置くことにしますが、今回の番組内では上記の点がクローズアップして放送されるものと思われます。(してくれないと困ります。)

『東洋医学 ホントのチカラ〜科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ〜』とは違い、BS枠なので番組を視聴できる方は限られていると思われますが、環境が整っている方は要チェックです。

偉人たちの健康診断 徳川綱吉 犬公方は怒りん坊!?

NHK BSプレミアム
2018年10月 3日(水)
20時~21時

江戸幕府5代将軍・徳川綱吉。なぜ「生類あわれみの令」で人々が苦しむほどの理不尽で極端なまでの厳罰主義を推し進めたのか?そこには綱吉のある「病」の存在が指摘されている。また綱吉の晩年を襲った悲劇と意外な死の真相を徹底究明。さらに綱吉が力を入れた世界に先がけた盲人教育と医療改革の知られざる秘話もとりあげる。「愚かな犬公方(いぬくぼう)」というイメージが覆る綱吉の素顔を描く。

徳川家康と八味地黄丸
昨日、12月26日は徳川家康の誕生日でした。(天文11年12月26日) 徳川家康は中々の健康マニアでして、自身で漢方薬の調合や、健康体操を実施していた逸話が広く知られています。 それが幸いしてか、平均寿命が約30歳と言う時代に75歳...
偉人たちの健康診断 - NHK
生類あわれみの令で悪名高い5代将軍・徳川綱吉。犬を極端に愛護しようとした行動の裏には、綱吉が抱えていたある病の存在が!?さらに晩年の悲劇と意外な死因の謎に迫る。
タイトルとURLをコピーしました